東海道五十三次04-1・片浜~富士川

東海道五十三次の旅、仕切り直しの4日目です。
今日は電車で静岡駅から片浜駅まで向かい、前回の続きになります。

20170226062502.jpg


片浜駅からの旧東海道、道路はまっすぐ一本道です。

しばらくは神社仏閣といった名刹めぐりの様相です。
すべてを覗いていく余裕はありませんから、お顔を拝見、という感じです。

なぜ境内にあるとご神木な雰囲気に育つのでしょうか?

20170226063234.jpg


白隠禅師誕生の地
車で通過したことしかない場所です。知らないことを知る、歴史の旅の始まりです。

20170226065748.jpg


名前とおりの名称です。

20170226065056.jpg

20170226073328.jpg


東海道のハイライトシーン。
絶景の富士山を右手に見ながら進みます。

今日の天気予報は、晴れのちくもり、だったので富士山はやめました。
快晴、おだやかな雰囲気、これならば行くべきだった、と残念がっても遅いです。
この後、しっかりと隠れてしまいましたが。

20170226081848.jpg

20170226075445.jpg


増田平四郎の像。
東海道から北側、沼津から富士にかけては、沼地だったといわれている。
その干拓化に力を尽くした名士。

20170226081633.jpg


東海道本線をオーバーパスする旧国道を右手に、直進方向が旧東海道。

20170226082819.jpg


吉原の毘沙門天近く。常夜灯が目立つようになる。

20170226084304.jpg


毘沙門天。大祭は前の日だったようです。お陰様で誰もいない。

20170226084639.jpg


吉原駅を過ぎると、ルート3776の看板が目立つ。
このルートは歩道の無い道路利用があるため、個人的には賛同できない。
おすすめは、うぱルートですよ(笑)

20170226090355.jpg


左富士。左富士神社があります。

20170226092019.jpg

20170226092033.jpg


平家越。足元に東海道の碑が置かれていました。

20170226092952.jpg

20170226093021.jpg


吉原本町駅で、記念に入場券を購入。岳南鉄道を応援しましょう。

20170226094138.jpg


吉原の商店街に、白いポストがありました。初めて見たぞぉ。
有害図書むにゃむにゃ、じゃないみたいです。

20170226094531.jpg


表富士さんはオープン前でした。隣のおもちゃ屋さん、繁盛しています。今時めずらしいなぁ。

20170226094707.jpg


富士駅北側を過ぎ、常夜灯を右手へ。
今日の道のりは常夜灯めぐりになります。どこの秋葉山を意味しているのでしょう。

20170226111148.jpg


富士川の東側に水神社がありました。
富士山道の碑があります。ここから富士山への道があったようです。気になるなぁ。

20170226112604.jpg

20170226112613.jpg


富士川を渡ります。
富士山溶岩流がくっきりとわかります。

20170226112846.jpg

20170226112808.jpg


後半に続く

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

upa

Author:upa
両生類らしく山の中から温泉まで全国各地に出没中。見かけによらず予想外の動きを見せることも。
リンクフリーです。

RSSリンクの表示