富士山 水ヶ塚から

富士宮口五合目に至る道路が冬季閉鎖された最初の週末。
新雪を味わいに水ヶ塚から攻めてみました。

20161112130638.jpg


出発は5時40分。日の出の少し前です。
もう少し待てばモルゲンかもしれませんが、今日は上を狙うため時間が惜しい。
もっと早くスタートすれば楽ですが、前の日も仕事ですからね。

20161112053955.jpg


樹林帯をひたすら歩きます。
下の方には雪が無く、気温もあまり低くくなく、どちらかというと暑いです。
シャツ2枚でという、夏のようなスタイル・・・

2時間半ほどで宝永火口縁へ。
少し雪が物足りないですが、お気に入りのスポットです。
ここまで来れば気持ちは十分です。

20161112080020.jpg


あまり雪が多くないので、うぱルートは使えそうにありません。
今日は六合目に直接至る、かつての御中道と思われる踏み跡を再訪しましょう。
目的は六合目の石碑です。

20161112084951.jpg


六合目の小屋跡からは登山道を使うことにします。
雪質はゆるく、アイゼンなしでも、しばらくは行けます。
新七合目の下は雪が溜まりやすいところですが、今年もかなり積もっています。

20161112092453.jpg


安全のため、新七合目でアイゼンとピッケルに装備を替えることにしました。
今日は暑そうだったので夏靴にアイゼンという組み合わせ。一般的には水の染みが危惧されます。

ぐるぐる巻きにしてあった、ピッケルの黄色い紐(リーシュ)を拡げたら、とても気になったようです。
イワヒバリが寄ってきました。(*^_^*)

20161112094626.jpg

20161112094817.jpg


新七合目からはアイゼンワーク、というところですが、急に体が疲れてきました。
胸突き八丁のように息が上がり、数歩歩いて休む。
そろそろ帰ろうかなと思うほどでした。

20161112101154.jpg


なんとか平部で休憩。暖かいので寝ても大丈夫。
10分ほど寝たら、かなり体が楽になりました。寝不足だったのかな。

20161112105529.jpg


下から一人登ってくる方が見えました。負けないぞぉ、と少し火が付きます。

しかし新雪が手ごわいです。
最初のうちはフカフカだったが、高度を上げるにつれ、だんだんと表面が凍っていきます。
下手に足を乗せれば滑って滑落だし、気合を入れればズボリです。
あまりのしんどさに、岩場をつないだりしました。

20161112113801.jpg


ここまで吹き溜まりで岩場がないと、大幅に登山道を外れるか、諦めて踏み抜くしかありません。

20161112124311.jpg

20161112130011.jpg

20161112130638.jpg


絵にはなるけど、現実は簡単ではありません。

20161112130852.jpg


九合五勺を過ぎた胸突き八丁で、ハンガーノックによりペースダウン。
やはり冬場は必要エネルギーが半端ではありません。
ラストスパートで抜かれてしまいました。

20161112134445.jpg


なんとか富士宮口登頂。
ギリギリの14時です。

20161112135512.jpg


山頂にはツノダさんパーティーがいました。

20161112135703.jpg


山頂は氷点下5度。そんなに寒くはありません。
少しお話をして、すぐに下山します。
日が沈むまで3時間しかありませんから!

春先はシリセードで使うコースを歩いて下ります。
表面は凍っており、滑るのはリスクがあります。
ところが、かなり踏み抜くので、下りもしんどいです。

20161112142539.jpg


太陽が冬の色になってきました。

20161112142544.jpg


吹きおろしの風がありますが、気温も低くはなく、そよ風のようです。

20161112143928.jpg


新七合目の富士ホテル跡のところから登山道に戻ります。

20161112151502.jpg


新六合目を過ぎ、宝永火口縁へ。
ガスが出ている、日が当たる、ということは・・・

20161112155130.jpg


じゃ~ん、初ブロッケンです。

20161112155918.jpg


ガスに巻かれてどうなるかと思いましたが、面白いですね。

20161112161647.jpg


この後、樹林帯を小走りに下り、少しヘッドランプを点けただけで、なんとか無事に水ヶ塚に帰着。
下りが3時間半というのは最速で、チャレンジにはなったかも。

しかし体へのダメージは大きく、体の疲れが抜けるのに2日以上はかかりました。
やはり一合目からの冬富士をなめてはいません。

3年半ぶりの水ヶ塚からの登頂でしたが、これで冬富士は十分と思うほどでした。
数日すれば忘れちゃうけどね・・・


テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

tag : 富士山 登山 雪山

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

upa

Author:upa
両生類らしく山の中から温泉まで全国各地に出没中。見かけによらず予想外の動きを見せることも。
リンクフリーです。

RSSリンクの表示