富士山 一筆書き買い物ツアー

去年、挑戦したものの、体力不足と暑さに参って富士宮口八合目でリタイアした計画。
一日で四登山道口をまわり、富士山保全協力金を寄付して、全てのバッジを集めるという計画。
二登する体力はないので、登山道を結ぶ連絡路を上手に組み合わせて、一筆書きコース。

今年は今日まで回数を重ねて体を慣らし、やりとげましたよ♪

20160730221346.jpg



1時に起きて車を走らせ、スタートは御殿場口。
今年は4時から協力金の受付が始まるので、それに合わせます。
4:15 1個目

20160729041440.jpg

20160729041433.jpg


いよいよ夏本番、涼しさは感じられませんが、日の出前スタートのため、体への負担が少ないと期待します。
二子山のあたりでモルゲン。赤く染まった富士山を右に眺めながら、二子山の鞍部に向かいます。

20160729045558.jpg

20160729045817.jpg


夜露

20160729050450.jpg


人間より鹿の方が多い

20160729051506.jpg


メイゲツソウと宝永山

20160729051807.jpg


ムラサキモメンヅル

20160729051923.jpg


ヤマホタルブクロ

20160729052415.jpg


樹林帯の中を進むコース

20160729053435.jpg


鹿の食害でしょうか、きれいに表皮がはがれています。
ここからの登りがキツくて、去年は足が売り切れになりました。
今回も珍しく靴ズレ気味。下山した後風呂に入って驚くことになるのですが・・・

20160729055356.jpg

20160729060406.jpg


宝永火口が見えて、いよいよハイライト・・・
じゃなくて、まだ序の口です。

20160729061128.jpg

20160729061331.jpg

20160729063227.jpg

20160729064224.jpg


イワオウギ

20160729064453.jpg


登るだけなら宝永火口縁直登とか、新六合目経由が早いですが、今日はバッジが目的。
新五合目駐車場方面に進みます。
熊注意の看板。マジですか!

20160729065051.jpg


コバノイチヤクソウ

20160729065219.jpg


ミヤマアキノキリンソウ

20160729070026.jpg


ブル道(駐車場のカーブしているところ)に出ます。
一筆書きを実現するため、あえて左に進みます(笑)

20160729070658.jpg


けっこうお花畑です。下の段は楽しめます。

20160729071044.jpg


タカネグウナイフウロ

20160729070919.jpg


クルマユリ

20160729070945.jpg


ソバナ

20160729071003.jpg


情けないことにタオルを忘れたので、富士山手拭いを買いました。新品でも汗を吸ってよい感じですね。
7:20 2個目のバッジをゲット。霧が深いです。

20160729072130.jpg


佐々木さんがいたので挨拶。TBSのリポーターを案内しているようでした。

20160729072519.jpg


新六合目にはゲートがありません。開山期だから当然か。

20160729074038.jpg


開山期なのに人が少ない。そうだ考えてみれば今日は平日だった。

20160729080452.jpg


富士宮口に入ってからペースを落としました。休憩もしながら課題だった八合目をクリア。

20160729093407.jpg


九合目万年雪荘。布団を干しています。そのまま靴で座らないでね。アーミーさん。
このところ登山者の半分は外国人という感じになってきました。

20160729100903.jpg

20160729101929.jpg


富士宮口登頂!
鳥居の工事を始めるところでした。聞くと、これから解体、来週に建立とのことです。
最後にくぐっておきましょう!

20160729105732.jpg


今日は奥宮が開いていますね。そういえば開山期だっけ。お買い物~

20160729110005.jpg


鳥居の工事が気になります。何度も行ったり来たり。

一筆書きじゃないって?
いや、いいんですよ。12年に1度しかない出来事ですから。
でも長居はできませんから、そろそろ後にします。

20160729114036.jpg


大内院とトラちゃん

20160729115103.jpg


剣ヶ峰。鈴木君、セルフタイマーで写真を撮っています。

20160729115926.jpg


大沢崩れの方はガスが沸いていました。天地境界っていう感じです。

20160729120752.jpg


今日はヘロヘロになりながらも、岩場が思ったよりスムーズに上がれました。
秘密兵器はこちら。スポーツタイツでございます。
(スパッツもそれ用に新調)
前回の主杖で、ズボンが汗でひっかかるイメージがあり、改善策として導入しましたが、やはり人気のものは良いですね。

20160729120938.jpg


須走口山頂に到着。最後の一歩に皆さん苦しんでいます。

20160729122524.jpg


相変わらず銀座ですね。

20160729122619.jpg


今日は須走吉田側の下山道を進みます。

20160729122801.jpg


初めて利用するブル道の下山、滑りやすいものの、逆に軽快に下ると楽ですね。
つづら折りが単調ですが・・・

20160729123551.jpg


今日は左の吉田側に下山します。
御殿場口から登って、吉田口に下山。決して間違っているのではないですよ~

20160729125833.jpg


小型のブルが来ました。
下山道を兼ねているため、ブルが遠慮しています。

20160729130159.jpg


へぇ~緊急待避所があるんだ。吉田側は色々な施設がありますね。

20160729132155.jpg


下山道専用のトイレもあります。

20160729133633.jpg


落石防止シェルターもあります。激しい段差があるので、使う人は少ないし、多くの方は膝を痛めているので後悔するでしょうね。

20160729134731.jpg


タカネバラ

20160729135442.jpg


登山道が見えてきました。目的の六合目は近いか?

20160729135730.jpg


六合目を見下ろす。

20160729140116.jpg


安全指導センターで3個目ゲット。今年から木札になっています。
14:05 3個目
山頂からここまで1時間半余り、飛ばしすぎたかなぁ?

20160729140443.jpg


問題は須走方面へのコノスジ中途道をなかなか見つけられなかったこと。
入口はペイントが無く不明瞭。 下調べしていても実際に歩かないと覚えませんね。

20160729140620.jpg


入ってしまえば、明瞭な踏み跡が続くし、ペイントも豊富です。
人工的な目印は、どうやって設置したのでしょうね?

20160729141922.jpg

20160729143346.jpg


看板もあります。
吉田側を記したものが多く、逆の須走側を記したものは無かったなぁ。

20160729143907.jpg


けっこうシャクナゲが多いです。つぼみなのか、芽なのか。時期が来れば見ごたえがありそうです。

20160729144055.jpg


何度かナメリ沢を渡ります。

20160729144934.jpg


須走五合目へのショートカットを発見。直進して新六合目の長田山荘に進む予定でした。
左に行くと砂払い五合目ねぇ。地図にもないし、知らない道だが突入します。
何事も経験経験(笑)

20160729145128.jpg


しばらくするとシャクナゲが咲いていました!

いいじゃん!

20160729145151.jpg


知らない道、テープがあるが踏跡の弱い道です。
誰が使っているんでしょう?

20160729145628.jpg

20160729150143.jpg


砂払い五合目に到着。登山者がいなくてひっそり。
この先の下山で膝が限界。下山道で飛ばしすぎたツケがきました・・・
ロキソニンを本日2回目投入・・・

20160729152907.jpg


小御岳神社は開いていました。今日はお世話になりました。

まだまだ続くけど。

20160729155201.jpg


須走口に到着。バッジ4個目をゲット!
一日で4登山口を一筆書きで回りました!
15:55 時間ギリギリです・・・
(今年の協力金の受付時間は4時から16時までです)

20160729155357.jpg


須走口の茶屋でジュースを1本。小腹も空いたけど日が暮れるのが心配なので先を急ぎます。
駐車場の方に登り、ブル道基地から、旧ブル道に向かいます。
濃霧で入口がわからず迷ったり。

20160729161155.jpg


濃霧でもブル道は幅が広いのでロストしにくいです。
不浄流しかな、幅の広いナメ沢のところは道が切れています。
コンクリートが打ってあるのは配管の保護が目的みたい。ブル道には重要な配管が埋まっているのかもしれません。
そういえば山頂への電力ケーブルを利用して須走に電気を送るとかいう話があったような。それかな?

20160729162858.jpg


キオン

20160729163715.jpg


旧ブル道という解釈でいたけど、登山道の標識があります。
一般的に使ってもよい、ということでしょうか。

20160729165520.jpg


山頂への送電線があるといわれていますが、架空の線が見えました。埋設といいますが・・・
あまりの濃霧に不明瞭ですが、気になります。

20160729165528.jpg


登山道として整備してある、ということでしょうか。ロープも張ってあります。
地形図に乗っているので、GPSで確認出来、そんなに心配はないコースです。

20160729165657.jpg


ブル道のゲートが見えてきました 。ようやくゴールが近いです。
しかし濃霧でよくわからない・・・

20160729172015.jpg


シモツケ

20160729172522.jpg


御殿場口は登山口ではなく、駐車場の下に出てきました。
まさに一筆書きなコースでした。。。

帰りは富岳温泉花の湯へ。
足首を痛めて大階段の下りが大変なのはいつものことですが、今回は靴ズレが激しくてびっくり。
ちょっとハードすぎたかな・・・

と反省しつつ、次はどこへ行こうかな~と考えているおバカさんでした。

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

tag : 登山 富士山

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

upa

Author:upa
両生類らしく山の中から温泉まで全国各地に出没中。見かけによらず予想外の動きを見せることも。
リンクフリーです。

RSSリンクの表示